貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

育成テスト(第5回)自己採点!

スポンサーリンク


先日小学校からたんまりと課題を出された桜子さん。
今日、来週の勉強予定を立てていて、小学校の課題も割り振っていました。
あまりの量に思わず

「宿題の量は学校の成績に合わせて変えてほしいわ(怒)」

とぶつくさ言いながらプリプリ怒っていましたw
まあ、頑張ってこなしてほしいです(^^;)

さて、宣言通り、金曜日に自宅受験した育成テスト(第5回)を本日自己採点しました。
今回もなかなかのできなさぶりでした〜。
前回の結果はこちら↓
binbojuken2023.hatenablog.jp

国語ではまさかの漢字を失点!

前回の公開模試では惨憺たる有様だった桜子の国語。
binbojuken2023.hatenablog.jp
育成テストではいつも冴えませんが算数よりははるかにマシな成績です。
今回もそんな感じでした。

ただ、今回は第5回にして初めて、漢字問題で失点!!!
間違って覚えていた一字と、書きばっかり練習して忘却してしまった読みが一字!
最近、育成テストのテスト勉強もちゅりぷ子は前ほど手を入れていません。
すると途端にこの有様…。
一人でもテスト勉強できるようにしないといけないけれど、次回はもう少し見てあげた方がいいかな。

ただ、一応今回も最後の問題まで到達し、スピードはだいぶ速くなりました。
しかし、速くなった分、粗も生まれ、前では考えられなかった記号の記入ミスなどがあり、点数はイマイチな感じ。

記述の内容は良いのですが、字は汚くひらがなだらけ、さらに一度書いて消したものがきれいに消えていないという有様。
たぶん失点しているでしょう。

なんとか点数をひっぱる教科に返り咲いてほしいところですが、まだまだ難しそう。

算数はある理由でミスの嵐!ひどい結果でした

算数も一応最後の問題まで到達はしていました。
スピードアップができたのか、単元的な問題か。
その点は今回も良かったと思います。

…が、ミスがありえない量でした。
スピードアップすればミスが増える、これは桜子の力量では仕方のないことなのかも?
困ったもんです。
単純な計算間違いもやらかしてました。

そして今回は、びっくりするミスもやらかしていました。
なんと、共通問題の始まる場所を間違えたそう。
無駄に基礎問題の最後から始めてしまったそうです。
そのため、無駄な時間を使ってしまったことに気付いて焦った桜子、なんと共通の最初の大問まるまる間違えてました…、うそーん。

「めちゃくちゃ焦っちゃってパニックになっちゃった。基礎クラスならこんなミスしなかったのに(怒)」

なんて言ってましたが、我が子ながらひどいお粗末ぶり。
途中でパニックはおさまったそうですが、理解の浅かった概数、平常心でもすごくいっぱい間違えてました(泣)
やっぱり演習足りなかったかなあ。
理解浅いと思ってたけど、ここまでとは。

評価4の悪夢再びです。はあ。
binbojuken2023.hatenablog.jp
記述もおそらく0点でしょう、全体で70点ないかも。
最初の簡単な大問をまるまる落としたことが本当に悔やまれますね。
さようなら18点…。

社会はまあいつも通り

社会はたぶんいつも通りの出来だと思います。
でも、直前にちゅりぷ子が暗記分野をチェックしたおかげです。
これしなかったら、ヤバかったかも。
テスト勉強、まだまだ一人では無理なのかも。
数日にわたってノートにまとめたり暗記してる風でしたが、全然浅かった。
テストに臨める仕上がりではありませんでした。
暗記の漢字は甘いし、テキストへの線引きもトンチンカンな箇所。
うーん、いつまでテスト勉強見てあげないといけないのかな。
4年生いっぱいは親が助けないと難しいものなのでしょうか。

桜子は日能研の本部系なので、すごく先生方からは自立を促されます。
親がやるなと、口を出すなと何度言われたでしょう。
素敵な方針だと思いますが、うちの桜子にはまだまだ任せられない感じがしちゃいます。
まあ、少しずつ親も手を離していかないといけないことだとは思うのですが、まだ9歳には厳しいわ。

次回はもう少しガッツリ入った方がいいかな…。
そう思ったのは、社会より理科でしたが(T_T)

理科が壊滅状態

理科、実は今回ちゅりぷ子全くのノータッチでした。
動画授業も見ていなければ、テキストも栄冠もチラリとも見ていませんでした。
テストを一緒に自己採点して初めて今回の単元を知ったぐらい。
社会と同じく、少しでいいから仕上がりを見てあげたら良かったな。

もう、全然理解していない。
桜子は一言「実験さ、嫌いなんだよね」。

好きとか嫌いとかじゃないから!

「私、ママと一緒で超文系なんだと思う」とまでぬかす有様。

社会と国語でトップ取ってから言えそんな寝言はと思ったちゅりぷ子です。

理科の壊滅ぶりは、同じく壊滅状態だった算数以上にショックでした。
理科は社会と同じく毎回すごく平均点の高い教科。
平均、ないな。

笑うしかない結果

算数の時も理科の時も、ちゅりぷ子、桜子のおバカな間違いにいちいち大笑いしておりました。

「なんじゃこりゃww」
「それでこの答えにしたの斬新ww」

ちゅりぷ子の様子に桜子は

「まさに笑いが止まらないだね!」

などと嬉しそうに言ってきたので

「バカな、『笑うしかない』だよw」

と言ってやりました。
ほんと、笑うしかない出来でしたね。
せっかく自宅にいたのだから、もう少しテスト勉強協力してやるんだったなと反省です、

まあ、算数は十分見てあげていたと思うので、算数の結果はこれ以上期待できないですけどね(^^;)

さあ、また明日から次回に向けて親子でがんばろー!