貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

コンクールクラス辞めました

スポンサーリンク

4月から桜子さん、バレエのコンクールクラスを辞めることにしました。
やはり、時間的にも精神的にも、そして何より金銭的に厳しかったコンクールクラス。
辞めるかどうか悩み、結論が出ました。
悩んでる詳細はこの記事で↓
binbojuken2023.hatenablog.jp

最後のコンクール終了

発表会は中止になりましたが、先日コンクールは無事?開催されました。
実質、桜子最後のコンクール。
半年間頑張ってきたヴァリエーションを踊れて良かったです。
踊りはじめとは別人のように上手になっていて、ちゅりぷ子は感動しました(ノД`)
先生の鬼しごきにもよく耐え、休まずよく頑張った。
もちろん受賞には至りませんでしたが(至るレベルなら中受辞める)、実力を発揮できたと思います。

先生に恐る恐る辞めたいと告げる

そのコンクールのちょうど1ヶ月前、レッスン前に親子で意を決して先生に、4月からはコンクールクラスを辞めたいと告げました。
うちの先生、「挑戦したい」は大好きなんですが、「辞めたい」「諦める」的なことが大嫌いなんです( ̄▽ ̄;)
まあ、どこのお教室もそうだと思います。

先生の通常レッスンのしごきに耐えかねて、いく人もお教室自体を辞めて行きましたが、まあみんな口を揃えて言うのが「辞めさせてもらうの大変だった」「ちょー怒られた」「子供使ってものすごい引き留めにあった」というもの。
親子でそれはそれはビビりながら申し出ました。

すると先生、あっさりOK。
ものすごい肩透かし( ̄▽ ̄;)

あっさり辞めさせてもらえた理由

まあ、桜子に素質がないというのが一番の理由なんでしょうが、先生があっさりOKしてくれた理由はこうでした。

新年に、コンクールクラスでみんなの将来の夢を聞いたそう。
桜子を除くクラスメイトは、「バレリーナ」「プリマ」「バレエの先生」「ミュージカル女優」などを答えたそう。
そんな中、桜子だけ少なくとも大学には行かないとなれない職業を言ったそうです。
そして最近Nバッグ抱えてレッスンに行くことも増え、桜子が今一番力を入れたいことはバレエじゃないんだと感じたんだとか。

ちゅりぷ子がコンクールクラスを辞める理由は中受だと話すと、

「本格的な中受とコンクールの両立は無理ですから、仕方ないですね」

とおっしゃいました。
ちゅりぷ子もその考え。
お遊びコンクールかゆる受験なら成立できても、一般庶民には両立無理だと思います。
頭がスーパーよくて、家庭教師週5で付けれたら、乗り切れるかも?(^_^;)

小4でバレエ週2でいいか迷い中

そんなわけで、桜子は4月から週2の通常レッスンのみになる予定です。
ただ、所詮まだ小4。
レッスン日、少なすぎない?と不安です。
ほかのお稽古は知りませんが、バレエ週2回はかなり少ないです。

実は、トゥシューズを履けるかどうかの学年なんです。
週2回じゃ、少ないんじゃないかな?
小4から勉強の比率高すぎないかな?

コンクール復帰は100%あり得ませんが、週3回通常レッスンを受けるか、新たに親子で悩んでます。
塾のお勉強が余裕なら迷わず受けるんだけど、あの算数では悩むなぁ( ̄▽ ̄;)

あの算数↓
binbojuken2023.hatenablog.jp
みんな、四年生時は、塾以外どのくらい習い事してるのかなぁ?