貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

意識の高い祖母と孫〜最近の桜子の読書〜

スポンサーリンク

昨日の夜は算数第4回とテスト範囲の漢字を2人で勉強しました。
いやー、漢字の仕上がりもまだ半分ぐらいだし、第4回の算数はなかなか難しいみたいだし、社会はまだ授業すらしていないし(ノー勉)。
ほんとに土曜日にテスト受けられるの?( ̄▽ ̄;)
そんな焦る水曜日です。

さて、今日は最近の桜子の読書についてです。

教育バァバから本が到着

先日、ちゅりぷ子の母である元教育ママ現バァバから、荷物が届きまさした。
中には菫子宛のドリル(頼んでない)と桜子宛に本が一冊入っていました。※楓丸にはオモチャ入ってました
桜子に届いた本がこちら↓

るるぶが出してる『マンガとクイズで楽しく学ぶ!47都道府県』というもの。
バァバ曰く「中学受験のお勉強にもなるでしょ♪」と。
さすが桜子が1歳半を過ぎたあたりからドリルを散々送ってきた人なだけあるわ。
binbojuken2023.hatenablog.jp
桜子は「わーい!おもしろそーう♪」と、さっそく貪るように読み始めました。
すぐに「おもしろーい!地域別に自主学習でまとめよーっと!」と、優等生か!という、バァバが喜びそうな反応でした。

その自主学習での地域まとめを桜子は北海道からやっていて、思わず「次のテストの瀬戸内からやればよかったのに」と苦言を呈してしまったちゅりぷ子です。
ダメな親の反応そのもの(・∀・)

最近の桜子の読書

そんなバァバにもらった本を読みつつ、桜子さん相変わらず色々読んでます。

魔女の宅急便にハマる

魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)

魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)

1冊目を借りてきたらシリーズでハマっています。
アニメとの違いも楽しめて二度おいしいんだそう。
ちゅりぷ子は未読ですが、女の子は楽しめそうですね。
特別編も2冊出ていて、シリーズで長く楽しめます!

十五少年漂流記

十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)

十五少年漂流記 (講談社青い鳥文庫)

ちゅりぷ子がだいぶ前から熱烈推薦していたこちら。
やーっと読み始めてくれました。
すると2日足らずで一気読み!
「めちゃくちゃおもしろかった!」と言っていました。
でしょでしょ!!
友情、冒険、サバイバル!
こちらは男の子にも激推しです。

なぜ僕らははたらくのか

本屋で面陳されていたので買ってしまいました。
大人でも知らないことやぼんやりとしかわかってないことも多く、ちゅりぷ子にも勉強になりました。
漫画の最後ではうるうるしてしまったり…。
桜子もサラッと一読していましたが、大人になるまでぜひ何度も再読してほしいです。
きっとその時その時で感じること、興味が惹かれることが違うはず。
良い本でした!

意識が高いと思った桜子の読書

先日私の棚を漁っていた桜子が

「ねえ、この本読んでいい?」

と言ってきました。
それは、一年ぐらい前に会社で献本されているのをもらって帰ったはいいものの、手をつけていなかった本でした。

『AI時代の小学生が身につけておきたい一生モノの「読解力」』というもの。
中学受験本を読みあさっていた頃にもらってきたのでした。
「え、いいけど。大人向けじゃないかな?」と渡しました。
しばらくすると読んだらしい桜子。
「勉強になった!」と言っていました。

読み切ったことよりも、この本を読みたいと言ったことに、ちゅりぷ子は本当に驚きました。
普通読みたいと思う?
小学生のちゅりぷ子なら絶対に手に取らないぞ。

意識が高くて恐ろしい桜子さんです。
大丈夫かな。

とはいえ、読解力は本当に身につけて欲しいところ。
国語のみならず、すべての教科において読み解く力が大事だなと感じる今日この頃。
なーんか問題文も選択肢も薄らぼんやり読む癖があるんですよね。
もっと明度を!彩度を高めて!!
ちょっとはこの本が役立つといいのですが。

ちゅりぷ子も読んで良書だったら、また別途レビューします!