貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

『読売KODOMOご当地新聞』?北海道特集の保存版が入ってた!

スポンサーリンク

昨日届いた読売KODOMO新聞が、何やらスペシャルな感じだったので、紹介したいと思います!
たまにこういった特別号みたいなのが入るのがいいんですよね~。
桜子が読売KODOMO新聞を読み始めてからかれこれ10カ月。
もはや週一で読むのは当たり前になってきて、たまの特別号に「おっ!」となってきたりしてます(;^ω^)
binbojuken2023.hatenablog.jp

今週はまるごと北海道!

f:id:sakurako-tulipko:20210702091553j:plain
まず、今週号は1面と20面が見開きページになっており、北海道がでっかく描かれていました!
f:id:sakurako-tulipko:20210702091603j:plain
どこかで見たことあるイラストのタッチだなと思えば、『ねこねこ日本史』のそにしけんじ先生のイラストでした!
桜子は『ねこねこ日本史』が好きなので大喜び!
なぜそにし先生が?と思っていたら、しばらくして中面を読み進めた桜子が

「そにしけんじって札幌市出身らしいよ!だからなんだね!」

と教えてくれました。
なるほどね~!

なんと今週号はまるまる一号、北海道特集!
中にも北海道にまつわる記事がたくさんでした!


保存版『読売KODOMOご当地新聞』も入ってた!

f:id:sakurako-tulipko:20210702091642j:plain
何やらいつもより分厚いなと思っていたら、中に別冊?というか保存版の『読売KODOMOご当地新聞』なるものが挟まっていました。
たまにこういった、特集号組まれるんですよね~。
秋から冬にかけては、中学受験特集も組まれます!↓
binbojuken2023.hatenablog.jp

今号では、北海道の自然のこと、出身有名人(キートン山田)インタビュー、特産品、などいろいろ載っていました。
中でも、男の子が喜ぶこと間違いなしの見開きが↓
f:id:sakurako-tulipko:20210702091633j:plain
北海道の鉄道大集結~!
うちの長男(3歳)も大興奮してましたw
兄弟がいれば、全部は読めなくても、ところどころ楽しめていいですよね~。


小学生にぜひ知ってほしい内容もたくさん!

f:id:sakurako-tulipko:20210702091623j:plain
こちらは本紙ですが、こういった北方領土問題など、小学生に知ってほしい内容ももちろん載っていました。

北海道ではないですが、タイムリーな話題も分かりやすく取り上げられています↓
f:id:sakurako-tulipko:20210702091614j:plain

男子には鉄道や虫なんかがよく特集されていますが、女子にはこの連載が健在です↓
f:id:sakurako-tulipko:20210702091543j:plain
いやでも今どき「全方位モテ」とかないだろ~。
価値観が古くないか??
かわいい!だから着る!でいいんじゃね?と思ってしまうちゅりぷ子です(文句言ってすみません)。

やっぱり新聞っていいな

新聞のいいところって、興味のなかった情報が飛び込んでくるところですよね~。
もちろん読み飛ばしちゃうこともありますが、イラストや写真なんかでひきつけられて、つい読んじゃう。
そして、あらたな「好き」に出会えたりするんですよね。
ちゅりぷ子が解説したところでわからない時事なんかも、小学生向けにわかりやすーく書いてあり、ありがたやありがたや。

小学校3、4年生ぐらいで読み始めるといいかもしれませんね。
読むのが当たり前になると良いと思います。
もちろん高学年も。
読書に比べてかいつまんでも読めるし、読売KODOMO新聞なら週1なんで、量的にはちょうどよいです。

我が家のように兄弟がいれば、一人1紙はいらないので、さらにお得感がありますよw

なんだかんだ、読み始めてあと少しで1年ですが、飽きることなく毎週木曜日を楽しみにしている桜子です。

また1年購読してみての感想も9月になったら書いてみたいと思います!