貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

落ち込む桜子

スポンサーリンク


昨日発表された育成テストの結果を帰宅するなり見た桜子。
算数のあまりの悪さ、4教科のあまりの点の低さにショックを受けていました。
桜子がショックを受けた育テの結果↓
binbojuken2023.hatenablog.jp

塾に行きたくない

結果を見た桜子は「塾に行きたくない」と言いだしました(※昨日は通塾デー)。
こんなこと初めて( ゚д゚)

「絶対4列目だ!いやだ!行きたくないよー(T_T)」

日能研の席替えシステム、良くも悪くも自分の点や周りとの差に向き合うことになるから、こんな時辛いよね。
ちゅりぷ子は一所懸命励まし慰めて何とか送り出しました。

塾に行った桜子から届いたメール

昨日はいつも「駅着いた」「電車乗った」とメールくれるのにそれもなく。
家で心配していると

「3列目だった(о´∀`о)」

と嬉しそうなメールが(^_^;)
続けて、国語も社会もランクインしたとのメールが。
それは良かった。
桜子もちゅりぷ子も悪い算数(評価4)ばかりに注目してしまいましたが、国社はなかなか健闘した模様。
ちょっと気持ちを取り戻した桜子でした。

それなりにプレッシャーなシステムなのね

まあこんな感じで、日能研の席替えシステムはなかなか子供にプレッシャーを与えるようですね。
良いプレッシャーでもありますが、合う合わないがあるだろうなぁ。
後列にいったときに、どやっちゃー!と思える子は向いてますが、ますます落ち込みやる気が削がれちゃう子は危険かも。
桜子は今回国語と社会の結果に気持ちを救われましたが、これがなかったらどーなっていたことでしょう。
成績が体感できるのはいいんですけどねぇ。
悩ましいです。