貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

2021東京都私立学校展レポ①

スポンサーリンク

ガッキーと星野源が結婚しましたね!
桜子『逃げ恥』好きだったので、塾で授業中と知りながらもメールで教えてあげました。
案の定スルーされましたが(´;ω;`)
授業の邪魔はしちゃダメですね、反省です。

さて、先週の土曜日に行ってきた「2021東京都私立学校展」についての詳細レポートを今日は書いてみたいと思います。
行った直後の簡単な感想はこちら↓
binbojuken2023.hatenablog.jp

2021東京都私立学校展概要

www.tokyoshigaku.com
日時:2021年5月15日(土)、16日(日)10時~17時半
場所:東京国際フォーラム

東京の全私立中高が一堂に会すイベントです。
コロナということもあり4部制となっていて、各回完全入れ替え制でした。
1時間半の時間制限はありましたが、早めに入場させてくれたのでかなりゆっくり回れましたね。
会場はほんとーに広かったです。
各回1500人の入場者でしたが、ゆったりしていたほどです。

会場の雰囲気や来場者の様子

f:id:sakurako-tulipko:20210520100429j:plain
半分は高校受験のための中学生でした。
そこが中学受験のみを対象にしたイベントと大きく違うところかな?
参加した回で違ったでしょうが、ちゅりぷ子桜子が参加した回は、いい感じでばらけていた気がします。
中学生は制服着ている子が多かったです。
お父さんと2人で回っている女の子も結構いて、桜子と驚きました。
我が家では考えられない光景なので(;^ω^)

30分前についた時にはびっくりするほど長い列ができていて、先頭の人はいつ来たんだろうと思いました。
でも、入場時間を15分ほど早めてくれたおかげで、問題なく時間前には入場でき、お目当ての学校は大体回ることができました。
どの学校もほぼ並んでいません。
どこもゆったりでしたね。

「私立学校案内」がもらえる!

入場前の受付時に、「私立学校案内」という冊子がもらえます。
f:id:sakurako-tulipko:20210515175450j:plain
会場に集まった全私立中高が掲載されているんです。
無料でいただけるのに、なかなかの情報量。
f:id:sakurako-tulipko:20210515175516j:plain
巻末の部活一覧、とっても良いです。
f:id:sakurako-tulipko:20210515175508j:plain
もちろん、市販の学校案内の方が良いかもしれませんが、この部活一覧はほんとにいいなと思いました。

↑とはいえ今年度も買わないといけないかな。

我が家が回った女子校

f:id:sakurako-tulipko:20210515175456j:plain
女子校志望なので、女子校ばかり回りました。
ちょっとでも聞いたことがある学校は大体見に行きました。
ただ、有名校でかつ遠方で通うのが難しいと事前に調べて知っている学校はスルーしました。
帰ってもらったパンフレットを数えてみると、なんと17校!
なかなかの数回りましたね。
もちろんすべてでお話を聞いたわけではなく、パンフレットをもらっただけの学校もあります。

一応御三家も回ってみました

f:id:sakurako-tulipko:20210515175453j:plain
縁遠いですが、せっかくなので御三家も回ってみました!
雙葉と桜蔭では先生にお話を伺い、JGはミニ説明会を開いていたので参加しました。
桜子は桜蔭ではプールの授業がかなり長期間かつ週に1回あることを知り、「私には無理だわ」と言っていました。
「その前に学力的に無理だと思うよ」と、まだ前回のドラゴン桜を見ていなかったちゅりぷ子は言ってしまいました(;・∀・)
binbojuken2023.hatenablog.jp
おそらく意味もないのに、桜蔭の校舎の建て替えについて詳しく教えてもらいましたw
制服も飾っていたので見せていただくと意外にも桜子が「腰の紐がかわいい」と言っていました。
そうか~、かわいいのか~。
あと校章のバッジがとてもかわいかったようで「プールはやだけど校章はいいね!」と謎の上から目線の桜子がいました。

雙葉でお話を聞いた際は、意外にも校則などがゆるくてびっくりしました。
校則について聞いて回っていたのでw
髪はダウンスタイルでもいいし、通学バッグは自由なんですって。
意外な感じ。
校則も生徒たちで考えて決めているそうです。
聡明なお嬢さんがたくさんいらっしゃるから成り立つのでしょうね~。

一部の女子校はお土産がもらえる!

f:id:sakurako-tulipko:20210515175504j:plain
一部の女子校では、名前や住所を書いて渡すと、文房具がもらえました。
桜子はシャーペン2本、カラーペン1本、マカロン型付箋1つをいただき、ご満悦でした。
実践女子、麹町学園、十文字、和洋九段ですね。
跡見も何かお土産があったようでしたが、住所を書くのを躊躇してしまいました(アンケート用紙出されたのが最初だったので)。
気にせず書けばよかったな~。
桜子のお友達は、学校名も見ずに、お土産をくれる学校を行脚して回ったそうですw
これも学校の戦略ですよね。
難関校はネームバリューがあるのでお土産はパンフのみです。

塾との癒着⁉つながりが見えた!

名前を書いた学校では、塾や校舎名まで書きました。
すると、それを見たその学校の先生から「○○先生は元気?」みたいなお話も。
「こんどまた○○校に伺いますね~」みたいな感じで話が弾みました。
塾と学校、当たり前ですが結構親密なんですね~。
共通の知った人物がいるだけだけど、その学校の先生とぐっと距離が縮まった気がしました。

レポ②へ続きます!
binbojuken2023.hatenablog.jp