貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

や、やっと終わった・・・。最近の朝活事情

スポンサーリンク

おはようございます。
今朝は記念すべきことが起こりました。
なんと、

なんと!

終わりました!『一行計算問題集マスター(4年)』!!

おかしいなあ、1年前にはもう取り組んでいた気がするんだけど・・・。

『一行計算問題集マスター1095題(4年生)』完了までの道のり

過去のブログを見返してみると、どうも昨年の1月末に始めたようです。
binbojuken2023.hatenablog.jp
このドリルは1日3題やれば365日で終わるという計算のドリルです(3×365=1095なので1095題あります)。
ただ、公文やそろばんなど早期教育をしてきていなかった桜子には、取り組み当初、難易度が高すぎました。
何の説明もなく、分数小数、逆算、その合わせ技がわんさか出てくるもので。
そのため、1日3問でもものすごく時間がかかり、そのうち取り組むのを拒絶するまでになり、何カ月も寝かしたりしてました。

計算先取り教育していない勢は、先に、分数小数の専門ドリルをやるのがおすすめです。

小数の計算 (算数基礎マスター)

小数の計算 (算数基礎マスター)

分数の計算 (算数基礎マスター)

分数の計算 (算数基礎マスター)

↑これこれ。
桜子どちらも取り組みました。
先にこれやらせたらもっとスムーズに終わったかも。

途中お休みしつつも1日6問にして再開、そして終盤は「終わる前に5年生になっちゃうよ!」と言って1日12問に。
結局新5年生スタートには間に合わず、「もう本当の5年生(4月)に間に合えばいいや!」と、継続。
そして今朝やっとこさ終わりました。
なんとか本当の5年生スタートには間に合った・・・。

序盤は苦しみましたが、夏を過ぎたあたりからスラスラと解けるようになり、最後の方は12問も難なく短時間で解けるまでに成長しました。

『一行計算問題集マスター1095題』は日能研生には特におすすめ!

難易度は徐々に終盤のほうが上がっていたのかもしれませんが、劇的に難しくなっているということもなく。
スモールステップのドリルです。
小数分数といった計算だけでなく、逆算や単位換算も定期的に出現。
じょじょにその合わせ技の計算が登場するといった感じです。
日能研から配られる『計算と漢字』の計算より難しい気がします。
桜子は4年生の後期は『計算と漢字』の計算はあまり取り組んでいませんでした(マスターのほうが難易度が高かったので)。
でも、育成テストの応用問題の1問目の1行題とこの『一行計算問題集マスター1095題』の計算問題はとても良く似ていたので比較的スムーズでした。
同じような問題を毎朝解いている感じですからね。
間違いなく計算力はつくと思います!
※ただ、桜子のように計算に自信のない子は他ドリルで鍛えたうえで1日6問にして後半に取り組んでもいいかも。

このドリル、先取り教育勢は低学年でスラスラ取り組んでいるのですよね・・・。
わー追いつける気がしねえ~!
binbojuken2023.hatenablog.jp
まあ、桜子さんはコツコツ行くしかないですね。
てなわけで、明日からは『一行計算問題集マスター1095題(5年生)』に突入します!

現在の朝活

桜子の今の朝活は、この計算マスターと、『漢字基本トレーニング5級』のみです。

『漢字基本トレーニング』は本来1カ月ほどで終了するドリルなのですが、ちんたらやっていたのでまだまだ半分ぐらいしか終わっていません・・・。
最近朝起きるのが遅くて、計算マスターしか取り組めない日が続いています。
漢字もやらせないと!
この5級が終わったら、4級へ進む予定です。1字1字しっかり身に着けてほしくて、これを導入しています。
さっさと終わらせて漢字マスター(5年)に早く取り組みたいですね。
漢字マスター一〇九五題5年 改訂新版 (漢字マスターシリーズ)

漢字マスター一〇九五題5年 改訂新版 (漢字マスターシリーズ)

  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

朝活は最低限でいいけど続けていきたい

新5年生が始まって、日々の宿題とテスト勉強で、正直いっぱいいっぱいです。
朝活時間もテスト勉強に充てたいぐらい。
でも、漢字と計算は、バレエでいうところのストレッチ(筋トレ)ですので、やめるわけにはいきません。
ストレッチ、バーレッスンなくして、バリエーションは踊れませんからね!(最近バレエ三昧で頭がバレエ寄りになっちゃってます)。
昔みたいに色々とは取り組めませんが、漢字と計算だけは取り組んでいきたいと思っています。
あ、日能研の『漢字と計算』は別物として取り組んでいます。
漢字は暗記しなくてはいけませんしね。
計算のほうは、桜子は1回でまとめてやってしまい「はい、やったー」と言って終わらせています(いいのかな)。
binbojuken2023.hatenablog.jp