貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

嫌いな言葉にイライラ&モヤモヤした話

スポンサーリンク

先日、桜子が学校で行われた全国学力テスト?を持って帰ってきて見せてくれました。
算数は100点、国語は95点。
国語は漢字を1問落としていて残念でしたが(作業を「さくぎょう」と読む……)、どちらも良くできていたので褒めました。
「算数満点はね、ほとんどいなかったの~^^」と得意げに話す桜子。
平均点がいくつぐらいのものかは知りませんが、いつものカラーテストよりは難易度が高かったのかな?

ちゅりぷ子は、このことをパパにも報告しました。
すると、タイトルの言葉を言われたって話です。

「塾行ってるんだから当然」

パパは桜子の算数満点に対し、

「塾行ってるんだから当然でしょ?」

と言ったのです。
ちゅりぷ子イラっとしました。
嫌いなんですよね、この言葉。
特に塾(中学受験塾)に通ったことない奴に言われると腹が立ちます。

塾に行ってるだけで頭が良くなるわけではないのですが!?

『二月の勝者』で前田加恋ちゃんの小学校生活が描かれる際にも同じようなシーンありましたよね。

たしか2巻。

「塾に通う=頭が良くなる」と短絡的に思うやつの多いことよ。
そして言われてモヤっとするのはみんな同じなのだろう。
ちゅりぷ子も小学生の頃よく言われてモヤモヤしました。

なんだろう、通ってるだけで自動的に学力が上がると思ってるのかな?
だとしたらあの高額な月謝もコスパ良い気がしちゃうんだけども。
そうじゃないんだってば!
塾行ってプラスで家で努力してるから賢くなるんだってば!
行ってるだけで学力が上がるわけないじゃないの~!!
みんな頑張ってるからなの~!

バレエとはなんか違う気がする

桜子はバレエをやっています。
身体がとても柔らかく褒められる機会もありますが、そのことに対しては「バレエ習ってるからね~」で何も思わないんですよね。
桜子がバレエに関しては、本当に習いに行った時間ぐらいしか特に何もしてないからかなと思います。

でも、塾は宿題もあるし、テスト勉強だってする。
桜子は毎朝朝活もがんばっています。
だから「塾に行ってる」だけで片付けられるとイラっとするのかな?

カラーテストも褒めてあげないと

とはいえ、ちゅりぷ子にも反省点があります。
桜子は小学校のカラーテスト、どの教科もいつも満点なのですが、見せられても「うん、見た~エライ~」ぐらいの反応しかしなくなっておりました(ろくろく見ていない)。
そしてそのテストは即座にゴミ箱へ・・・。
満点じゃなかったときの方が「あれ珍しいね、どしたの?」と反応している・・・。

ちゃんと褒めよう。
カラーテストは満点で当然という態度でいてはいけないな。
小学校で授業も宿題もがんばってるんだから。
その結果がテスト。
できたらちゃんと褒めないとダメですね。

パパの態度を見て反省するちゅりぷ子です。