貧乏だけど中学受験〜するのか2023〜

共働き中流家庭、子沢山。長女・桜子を中学受験させるか悩みつつ、奮闘する(予定)ブログです。3年生9月から日能研通塾中!

スポンサーリンク

【日能研】4年生授業スタート(算数)

スポンサーリンク

昨日は祝日でお休みでしたが疲れました。
桜子の友チョコ作りに付き合わされること半日…。
私の休日を返して!
そんななか、日能研の新四年生の授業がスタートしました!
で、初授業を終えた桜子から聞いた話でびっくり!
今回は本科スタートの様子です。

本科スタート!Rクラスの人数に衝撃

一番上のRクラスに入った桜子でしたが、そのクラス人数は判明していませんでした。
3クラスあるので全体の三分の一か、それより少し少ないのかなぁ?なんて思っていました。
私ちゅりぷ子自身が塾の一番上で少人数だったので少なめなのかと踏んでいたのです。
前に校舎長さん?と入塾時面談したときに、高学年の一番上のクラスは難関校を目指すので人数絞ってる〜とか聞いたんです、しかも。
で、なんと、

全体の約半数がRクラスでした(・∀・)

え、そんなことって普通ある?
うちの校舎だけ?
日能研ではスタンダード?
Rクラス入れて喜んでいたけど、入れなかったらけっこうまずかった??

まさかの大人数でちゅりぷ子はとまどいましたが、桜子は予科のお友達とほとんどまた一緒で喜んでおりました。
ちゅりぷ子のSクラスとはえらく違うなぁ。
binbojuken2023.hatenablog.jp

初授業でついていけない桜子

初授業は算数でした。
算数苦手な桜子は、教室から出てくるなり文句たらたら。

全然わかんなかった。
ヤバイ。
2コマ長すぎて最後ぼーっとしちゃった。

おお、先が思いやられるセリフの数々…。
Rクラスが大所帯じゃないと間違いなく漏れて下のクラスだったなと感じました( ;∀;)

先生はまあまあ面白い先生だったそうな。

最前列に座った桜子

算数には文句タラタラでしたが、座席が1列目で、そのことをすごくうれしそうに語ってくれた桜子。
でも母は知っています。
保護者会で説明がありました。

初テストまで座席はランダムなことを( ̄▽ ̄)

二度と座れないと思うから、2週間1番前の景色を堪能するが良い、桜子よ…。
しかし、大所帯クラスで最後列だと、黒板見えにくいだろうな( ´_ゝ`)

さっそく復習!

帰宅後、夕飯食べてお風呂を済ませた桜子は、さっそく振り返りに取り掛かりました。
以前紹介したように、思わず振り返りしたくなる栄冠のテキスト。
binbojuken2023.hatenablog.jp
桜子、いやに楽しそうに振り返っておりました。
単位、数、量、線分図。
なんか色々やったようです。
予科でやった魔法陣もありました。
なんだか哲学的な問いかけや、パズルのような問題も多く、楽しそう。
そのまま復習問題に取り掛かろうとした桜子をなだめ、布団へ導きました。

予科では全然当日ふりかえってませんでしたが、本科では当日振り返り(思い起こし)だけは取り組むリズムでいきたいです。

ユークリッドから始まる数学への道

算数のテキストの最初のページには、幾何学の父、ユークリッドのお話が書かれていて、

「ようこそ、数学・算数の世界へ」

なんてメッセージまで書かれています。
桜子が音読してくれました。
桜子もいつか、美しい数学という学問に興味を持ってくれるといいのですが。

こういうところ、日能研、好きだなぁと個人的には感じます。
ユークリッドなんてまったく関係ない、まだ三年生の子供にこのメッセージ。
未知の壮大な世界へむけて、ワクワク取り組んでもらえたら親としては非常に嬉しいのですが…。
まあ、すぐに悲鳴をあげちゃうかな?(^_^;)

宿題の量

気になる宿題の量ですが、算数は、全部!とのことでした。

・本科テキストの残り
・栄冠テキスト全部
・別冊テキスト全部
・計算と漢字の計算

本部系なので提出義務はないのかもしれません。
正直大した量ではないです。
まあ、予科に比べたら格段に多いですが。
よその塾はこの何倍もやっているはず…。

とりあえず4科のサイクルつくりたい

とりあえず4科目、2週に一度のテスト、このサイクルをうまく回せるようにしたいところ。
桜子さん、頑張って実力でも一度は最前列に座ってもらいたいところです!(目標は高く!)
……無理かな?(^_^;)